Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイフリカ!

たいへんながらくご無沙汰いたしまして、失礼いたしました、ペロリ。
ブログ開設時には、こんな日がくるなんて、誰が想像したでしょうか、いや、誰もしなかった。


さっそくですが、Queen Ifricaの新作『Montego Bay』がすばらしいです。文句なし。

queen_ifrica_montego_bay_album_cover.jpg


「佇まい、声、パフォーマンス...その全てに於いてレゲエ・ファンが長年求めていた
女王像に最も近いアーティストではないだろうか?」

とRiddim誌編集長のO場さんも書かれてますが、
まさにその通り、つけくわえるなら、そのメッセージ性も。
名実ともにQueenですね。

レゲエ界は、どうみたって圧倒的男性社会で、今年60歳になるMarcia Griffithsを超える
クイーンが未だに現れていなかった現状。

もちろん、Lady SawやTanya Stephensは、ほんとうにすばらしいし大好きだけれど、レゲエ界
というよりは、ダンスホール界のクイーンといいましょうか。
オンナ盤Bounty Killerはいても、オンナ盤Capletonは不在だったわけです。
もっといっちゃえばオンナ盤Bob Marley!


スカ・レジェンドDerrick Morganの実娘、Tony Rebelに見いだされるも、実に10年近くも
鳴かず飛ばずの歳月を過ごし、ついに2007年、まさに遅れて咲き始めた花は、
その色も、形も、香りもあまりにも強烈です。



かくいうわたしも2004年(たしか)のレベル・サルートでのアイフリカのショーは、「へぇ」となんとなく
見たという思い出しかなく、、、、今から思えば惜しいことをしたものですが。

1曲目のナイヤビンギ・チャントから、全13曲まさに捨て曲なし。

全曲試聴はこちらで

ちなみにわたしのお気に入りは、チャントの「T.T,P.N.C」、ゴリゴリのシングジェイが格好よすぎの
「Yad To The Rise」、Jamaicaでも大ヒット中の愁いのただようラヴ・ソング「Far Away」、
Penthouse往年の大ヒット、ブジュ&ウェインワンダー「Bonafide Love」のヒットRiddim使いが
たまらん「Don't Sign」、そしてアイフリカさんの声が染みわたる~「Streets Are Bloody」。


こんな素晴らしいアルバムなのに、日本ではあんまり媒体露出もないんだなぁ、、、、と
ちょっと残念なので、わたしの拙文よりも、おもしろくて参考になる記事を2つ見つけましたので
つぎで簡単に意訳させていただきますね。

Iyahさんのインタビューは『Rove』で読めるそうですので、こちらもCheck!

JAAAAAAH Rastafari.
はぁたまらんたまらん。
  1. 2009/07/20(月) 13:31:57|
  2. music

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。