Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自然農の田んぼ 4月

CA3A0006.jpg
@七曲、佐倉(以下すべて同)

なんとものどかな谷津田の奥に、師の田んぼはあります。

写真の一番手前、水の張っていないところが、自然農の田んぼ。


画像と一緒に‘音’も、お伝えできないのが残念なほど、

聞こえてくるのは、ただただ美声を競い合う、雨蛙とウグイスの鳴き声ばかり・・・

CA3A0011.jpg
蕗(フキ)の葉とカエル。


田んぼの脇には、湧き水の流れる小川があります。
CA3A0018_20090429083043.jpg

ここの小川では、年中美味しいシジミが取れます。
プリップリのシジミ汁は二日酔いにはてき面・・ホホ
夏場には源氏と平家、の蛍も出るそうです。

水路の脇には、野生のセリ(美味!)がわっさわさ生えているし、
こんな奴さんも発見。
CA3A0007.jpg
なんだなんだ??


CA3A0008.jpg
あらヨっ

と、特別に踊ってくれた、サービス精神旺盛のカメ吉さんでした。



もう慣行農法の田んぼには、お水がきれいに張られて、すでに田植えが終わっている
ところや、GWに終えるところがほとんどです(兼業農家が増えたため、お休みの日にあわせて
スケジュールされているそうです)が、自然農の田んぼは、季節の流れにそって
稲を育てるので、ようやく苗床をつくって、種をまいたばかり。

090426_1407~0001
種をまく人

090426_1408~0001
この籾一粒が、2000~4000粒になるなんて。おそるべし。
これを一粒一粒、均一な幅に手で広げます。
黙々と作業をしていると、カエルの合唱がまるで「人間さんよ、お仕事がんばりや」と
応援しているような、なんというか。
人間以外の生き物は、こんな地道な‘労働’はせず、自由に歌をうたいながら
生きてるんだなぁと実感。
まぁ田んぼには、カエルたちを狙ったマムシもいるし、現実はキビシイかもしれませんけれど・・

090426_1626~0001
種まきが終わり、草をかぶせた苗床

籾を均一に散らばしたら、土をかぶせ、その上に草をかけます。
「一度暗くしないと、種から芽はでない」
なんて、なんか格言みたいですね。




わたしたち新米農民も、今年から5畝ほどお借りして、稲作りをしてみることになりました。



090426_1509~0001
脱皮したばかりの日本ザリガニ

CA3A0009.jpg
泳ぎの達人? スイーーーっと


CA3A0015.jpg
照れ屋なの。




あ、遊んでばかりだと、バレちゃいました?




田植えは6月中旬から下旬予定です。
  1. 2009/04/29(水) 21:20:45|

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。