Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

菜食のススメ?

マクロビオティックの基本といえば、

玄米+菜食

ということで、今回はちょっと菜食主義について考察。

E68AB1E4B880.jpg
(c)関係ないけど昨年の大淋派展より 酒井抱一『夏秋草図屏風』

質問:あなたの身体は何でできていますか?

答え:わたしが食べたもの=わたしの身体です。


西洋ではとかく、身体と精神(霊魂)というのは切り離されて考えられますが
日本という国では、

「腑に落ちる」(納得すること)
「骨を折る」(苦労すること)
「頭をひねる」(よく考えること)
「腹が立つ」(怒ること)

などの言葉も如実にあらわしているように、こころ と からだ がいかに深く結びついているのか
ということを、本能的に理解している民族といえます。

すなわち、体=心 ということであれば、またわたしたちが食べるもの=わたしたちの心
ということもできるというわけです。


と、前置きはこのくらいにして、菜食ということについて。
細かい概説はまた、ウィッキー先生にお譲りするとして、
その原因として大きく、以下があげられるかと思います。

1)宗教上の理由・・・戒律で禁止されている
2)人道上の理由・・・殺生に対する抵抗など
3)健康上の問題・・・糖尿病などの病のため、もしくは病を予防するため


戒律で禁止されているということで言えば、たとえば代表的なものに
仏教、イスラーム教、そしてラスタファリアニズムなどがあげられます。

ここでさらに掘り下げると、
仏教では、(というより仏陀は)苦行として欲望を殺すという意味合いのもとに
肉食を絶ったとされています。
つまり、涅槃へ行く近道として、菜食を選び、以降も仏教徒にそれが教えとして
伝えられているという感じです。

一方、イスラーム教ではそれは「神との公約」、一対一の約束なので、
それを破るということは、神に対する謀反=罪となります。

この2つは、似て非なるものです。

仏教においてはここでは、菜食をしないということ=「罪」という概念はありません。



そしてもう一つ、ラスタファリアニズムは、個人的にこの中間的な位置を占めている
感覚があります。
彼らもイスラームの人と同じく、「人間一人一人の体は神が宿る神殿」であり、
それを血(肉)で汚してはならない、という思想から肉食をしないと言われています。

もちろん厳格な菜食主義者も多いようですが、多分に自己解釈的な
要素が強いように思われますし、面白いのがたとえば、
遠井なつきが菜食のラスタだとして、その人が肉を稀に食べるときには
「今、わたしは石田アロエです」などといって、違う名前を
名乗って、それで自己解釈的によしとしていたりする、という話があるということです。

真偽のほどはわかりませんが、ジャマイカ人だったらやりそう~と妙に説得力のある説(笑)
かと思われます。

2)はまぁ、こころ優しい人たちがいるわけで。

マクロビオティックは、3)がベースにあるわけですが、やはり1)的要素も多分に絡まりあって
くるかと思います。

マクロビオティックについては、前回書きましたのでここで細かくはいいませんが、
現在欧米では、こうした日本的な玄米+菜食が体にとても良い影響をあたえることが
着実に認知・実証されてきていて、それによってアメリカなどでは
成人病がだいぶ減ってきているということです。

それに引き換え、わたしたち日本人が欧米の食事を真似て、肥満児、メタボおやじなどを
多産して、国の予算を使ってあーだこーだとやっているのは、愚かとしかいえない現状。

かといって、お肉が大好きな人たちに、「肉は体に悪い。いますぐ止めろ」なんていえませんよね。


では結局、人はなぜ菜食主義になるのでしょうか?

長くなるので2へ続く。






  1. 2009/04/21(火) 09:15:57|

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。