Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BARRIER FREE

大阪のサウンド「バリア・フリー」が、イギリスで開催されるワールド・クラッシュに
出演するそうですね。

5648.jpg


じつは私もBarrier Freeには密かな(?)思い入れがあります。

まず、2万本以上売り上げたというウワサの彼らのミックス・テープ第一弾、第二弾には、
わたしもかなり飛ばされたクチです。(ラッキー池ちゃん♪)

Barrier Free
懐かしい~第一弾。


しかも、アイランドツアー在職中、年に3回以上ジャマイカに行く「超常連」さんが数人いたんですが、
その中の1人が、実はMCのDOCTORさんで。
やっぱり「超常連」さんには、レゲエ・アーティストの人が多かったんですが、
基本パスポート・ネームの本名しかおっしゃらないので、何かきっかけがないと
「実は○○さんだったんだ」ってわからないことが多いのがほとんどでした。

DOCTORさんも、この第一弾ミックス・テープを出す前から、ずいぶんとジャマイカに足を運んで
いましたが、その頃はバリア・フリーも全然無名サウンドでしたから、ソンマンということも
まったく知りませんでした。
ただ、彼については、「ひじょーーに礼儀正しいお方」という好印象が強烈にあったのを
覚えています。

まさに、侍のたしなみ。


ミックス・テープの第二弾を出した後あたりに、初めてDOTORさんということが
判明し、なんか嬉しかったですね。「応援してます~~」なんて電話ごしに言っちゃう
旅行会社社員(笑)


隣のオアシス・レコードでたまたま手にしたミックス・テープ。
第一弾のころから、明らかに他の多くの日本のサウンドと違う、オリジナリティがあったし
押し付けがましくない'男気’を感じました。


いまの活躍も納得至極。


彼のインタビュー記事等での、迷いのない発言の数々から、芯の通ったパーソナリティも
垣間見れます。

大阪のおっちゃん的なギャグのセンスもかなりタイプだし。

あれ?
思い入れどころか・・・大好きみたいですね。きゃ


今回のクラッシュは、昨年のFully Loadedでの勇姿をみた、イギリスのプロモーターからの
オファーとか。(一連のIrish & Chinさんとは別です)
youtubeで拝見しただけですけど、ジャメイカンの心をガッチリ掴んでましたねー、すごいわ。
あらためて、日本人がパトワをバリバリに話す姿って、それだけですんごい、IMPACT!!!ですね。

どうでもいいことなんですけど、「Let me see」のジャマイカ発音「レミシレミシ(連発)」って
日本語の、「見してみして」にすんごい似てますよね。発音も、連発ぐあいも。
まぁ日本人の場合、そこまで連発するのは、子どもだけで大人であんなに、、、はないですけれど。
だからこそ、ジャマイカ人のレミシ連発、なんか、好き。


最後にフライヤーに記載された、彼らの紹介文を。
the concept behind the name, barrier free Doctor say,
'We come to break down all the barriers through the music'

殺っちゃって。

Booom!

  1. 2009/03/06(金) 12:55:53|
  2. music

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。