Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピリチュアリティ

この言葉を目にして、あなたはどう感じましたか?

「なーーんか、うさんくさ」「近づきたくない」「ふんっ(鼻笑い)」

もしくは

「本来的な(自然な)すがた」 「すべての人が持っているもの、目ざめるべきもの」
「あらゆる芸術のみなもと」


‘科学教’のよき信者である、日本の多くの人たちは前者がやはり、
多いのかと。
極端な拒否反応をしめす人も多いですよね。

後者になるには、いつか誰かから教えられるものではないので
ある時自分で、「気づく」しかないからです。

でも前者の人たちも、ふと見あげた夜空に、煌々と輝くフル・ムーンをみたとき、
なにも感じないということはないのでは、と思います。

わたしたち日本人の遺伝子レベルで感じる、アニミズム的感覚、自然とのつながりや
宇宙との一体感というものは、ふだんは眠っていても決して消えないもの。


私の眼鏡は曇りすぎていて、まだはっきりと真実は見えないケド。


やっぱりアートってなんでも、そのつくり手が、スピリチュアル的にめざめていないと
結局どこかで見たことや、聞いたことの、コピーになってしまう。

もしくはコピーをちょっといじっただけのもの。


それってまったく新しくないし、人の心を感動させることなんてできないんですよね。

心にズシーンとくるものって、やっぱり‘オリジナル’で「未知なる世界の境遇」
という感じがするもの。


人一倍、警戒心がつよい私(きりん級)も、ジャマイカのレゲエ・アーティスト達の
パーソナリティを知るにつけ、驚くほどみなスピリチュアル的にめざめているということに
妙になっとく。



あの島は、足を踏みいれただけで、ものすごいエネルギーを感じます。

カルマの法則(いわゆる因果応報ね)もとても顕著で、
ひとびとは神、もしくは霊的なパワーを否が応でも感じざるをえないんでしょう。

日本の人だったら、たとえばバリ島などで、そんな体験をした人も多いかも。

ギャングスタ・ラスなんて、チャラっぽい名前のついたMungaすら、この目ざめよう。
(むりやりなもっていき方だけど・・!)

今月のRiddim誌です。
perrysmunga.jpg
(c)Lee Perry myspace
ムンガ&スクラッチ様

まぁ、未知との遭遇ほどの感動は、正直「???」だけども、ムンガの瞳ってかわいいよね。
へへーぃ、スクラッチさまには誰もかないまへんがな。ミスター・宇宙さん。

  1. 2009/02/12(木) 22:50:48|
  2. voice

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。