Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガザ侵攻

2009年1月11日時 イスラエル、パレスチナの被害者統計  
ピンク-イスラエル、オレンジ-パレスチナ)
Gaza-Israel_war_casualties.png


・・・・息も絶えだえ、、弱りきったライオンの群れが、最後の力を振り絞って
さんざん自分を痛めつけてきた人間にはむかった。

人間は怒りくるって弱りきったライオンの子供たちを銃で撃ちまくり、
プライドだけでどうにか立っている親ライオン達も執拗に打ちのめし、
最後の1匹を始末するまで、血だらけの彼らを追い回す・・・

イスラエルが人間で、ライオンがパレスチナ。たとえば。


常に周りから敵意を持たれ、いつ命を狙われてもおかしくないような人は、
いつもビクビクおびえている。
だから、ちょっと攻撃されただけでも過剰に反応して、
護衛用に持っていた(かもしれない)銃をやみくもにぶっ放してしまう。
イスラエルの今の狂乱ぶりは、そんな恐怖が根に深くあるみたい。

もちろん、イスラエルとパレスチナの問題は、歴史も長く、複雑でアメリカと中東問題
も深く関わっているし、ブログで書ききれるようなことではないと思う。

でもいまの現状だけをあえてみてみるとするならば、

種子島とほぼ同じ大きさのガザ地区に押し込めれたパレスチナ人、
その人口約150万人。(ちなみに種子島の人口は約3万4,000人)
テロ組織と決め付けられ、正常な国営もできないような状況に、海外からの支援も打ち切られ
(もしくはイスラエルにせき止められ)どうしようもない状況になって、イスラエルへロケット弾
発射。
その報復として、今も非人道的な爆撃が続いている、、、

これに対して当然、世界各国からイスラエルへの非難の嵐はものすごく、
国連でもイスラエルに即時停戦を求める決議案が出された。
こういった事態(イスラエルに対して非難決議)になるといつも「拒否権」を
行使していた唯一の国アメリカも、今回ばかりはさすがに
賛成はできずとも表向きは「棄権」という形を取り、国連に合意したようだが、
イスラエルはその魔の手を止めようとしないという現状。

世界中が就任を待っているオバマ次期米大統領はこの件について、
(まだ就任前なので)「大統領は一人である」として、はっきりとした意見を
述べるのを避けている。

「いったいこれはナンなの?」

ふだんいくら社会問題や、歴史問題、政治に無頓着なわたしたちでも
さすがに無関心でい続けるのは難しそうだ。

bbc2.jpg
(c)BBC NEWS
*抗議運動で、脱ぎ捨てられた靴。実際には300人分の靴が脱ぎ捨てられたそうだが、
900人近くの靴がそこにあったら、それが死者の数だと思うと妙にリアルで説得力のある抗議だ・・・
星条旗プリントのスニーカーに真っ赤なペンキも生々しい。



でも知らないことに何も言えない。

イスラエルとパレスチナは何故ずっと争っているのか?

アメリカは何故イスラエルの肩を持つのか?

オバマが就任したら、アメリカの姿勢は変わるのか?

日本の私たちには無関係なのか?

また長くなりそうなので、次回につづくということで・・・(大丈夫か?!)
  1. 2009/01/12(月) 16:48:43|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jagwaan.blog92.fc2.com/tb.php/24-be8f0b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。