Ja'Gwaan?

>>Japan/Jamaica News<< レゲエミュージックから政治まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さようなら2009

どうでしたでしょうか2009年。


わたしは全く予想外にアフリカンが来てしまいました。

いやー私にはアフリカンは来ないでしょう、とずっと思っていたところが
あったのにもかかわらず、ヨーガでハートチャクラが開いたせいなのか、
しっかり来ました。


レゲエはやっぱり第2チャクラが活性化する音楽ですねぇ、
やっぱり。


下半身からハートへ移動。


また魂の奧の奧のほーーーうから、ガッツリ上げてくれるようなレゲエ・ミュージックを
切望しつつ・・・


ことしはこの人!!
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 23:59:18|
  2. voice

ブジュとブラジャー

年の瀬のレゲエ業界とジャマイカに衝撃的なニュース。

Buju Bantonコカイン保有の罪で逮捕。
なんだか見出しがいじわるい
Boom Bye Bye:Buju Banton Arrested on Drug Charges

真実のほどはわかりません、ただ逮捕されたことは事実のよう。

このことがあまりにも多くの人にショックを与えたということによって
彼がいかに大きなプレッシャーにさらされていたかがわかる。


個人的には驚き、少し悲しい気持ちがするけれど、事実だとしても
信じられる。

だって私が持っている弱さとか愚かさを、「あの人は持ってない!」なんて断言できない。
私が犯すかもしれない過ちを、「あの人はゼッタイにしない!」なんて
言えるわけない。


この事件で、あることを思い出した。


たしか村上春樹の小説だかエッセイで、女性解放運動家たちがある事件に憤慨して
町中で大々的にブラジャーを燃やしまくったというはなし。

なぜブラジャーかというと、それが女の象徴だから。

怒りを込めて、何十、何百というブラジャーを燃えたぎる炎の中に投げつけて
燃やしまくる・・・

それをうけて春樹さんは、「なにがあっても‘なにかの象徴’だけにはなりたくないもんだ」
とぼやく。


なんだかとっても検討はずれだけど、このはなしを思い出したんです。


なんで人は何かの象徴だったり、何かの理想像だったりを、誰かに投影したがるんでしょうか。

かってに祭り上げといて、「違った」といって今度は叩きのめす。


この構造がわたしにはとても不思議に見える。


そしてBoom Bye Byeの呪いの恐ろしさ。

どこまでも追いかけてくる執念深い悪魔のよう。



どんなささいなことだって、誰かを徹底的に傷つけるというネガティブで強烈な
エネルギーは、どうにかして浄化しないといけないのでしょう。


ここまでくると「カルチャーだから」なんて言ってられないですよ・・・


事件に直接関係なくても、みなどこかで頭をよぎったはず。


すべての負の連鎖をたちきり、JAH Guidanceに身をゆだねよう。


JAH is my keeper
  1. 2009/12/17(木) 11:29:47|
  2. voice

美しすぎる日本の私

もちろん某名著のタイトルを拝借したまでで、形容詞は「日本」にかかるわけですが・・・

行ってきました阿修羅展。




感想はひとこと、「美しすぎる・・・・」




‘本物の美’というのは、まさに‘圧倒的’



写真では伝わらない、すさまじきその、オーラ。


阿修羅


3つの顔は、どれも微妙に違った表情をしているのですが、
正面のお顔の「怒り」とも「哀しみ」ともつかない
なんともいえず「憂い」をおびた表情が
たまらなく心をうちました。

というより、恋しちゃったみたい。


それは若くして、天国と地獄を見た人のよう。



でもその憂いがとても静かなんです。


阿修羅2



その目は ほんとうに 生きていました。



ほんものは、凄い。




「いかりのにがさまた青さ

四月の気層のひかりの底を

唾〔つばき〕し はぎしりゆききする

おれはひとりの修羅なのだ

----

 雲はちぎれてそらをとぶ

    ああかがやきの四月の底を

   はぎしり燃えてゆききする

  おれはひとりの修羅なのだ

-----

草地の黄金をすぎてくるもの

ことなくひとのかたちのもの

けらをまとひおれを見るその農夫

ほんたうにおれが見えるのか

----

(まことのことばはここになく

 修羅のなみだはつちにふる) 」

「春と修羅」(抜粋) 宮沢賢治
  1. 2009/06/09(火) 17:05:54|
  2. voice

かたよらないこころ

かたよらない こころ

こだわらない こころ

とらわれない こころ

ひろく ひろく

もっと ひろく

これが 般若心経

空(くう)のこころなり


じつは先々週末は赤目自然農塾へお勉強に、奈良に行ってきました。
そこでのたくさんの学びについても、また書きたいと思いますが、それとあわせて帰りに
奈良を観光して、またいろんな学びがありました。
(古都の日本の美しさにすっかり魅せられて奈良の大ファン。わたしは推定62歳・・・)

上述の言葉は、薬師寺のお坊さんが修学旅行の中学生にしていたお説教の
最後におっしゃったもの。

川口由一さんの生きざまやお話、お坊さんのいろんなお説教、赤目自然農塾に集う人を見たり、
自分たちを振り返ったり、偶然再会した友を思ったり、結局気づいたことは・・・

前述のことばしかりですね、川口さんしかり、ボブマーリーしかり、和ヨーガのガンダーリ先生しかり、
ジョンレノンしかり、桜沢如一先生しかり、
伝えてくれるメッセージは、おどろくほど基本的にみんな同じですよね。

わたしたちはいつも、そういったメッセージを受け取っては、
「忘れていたこと」を「思い出す」。

ほんとうは、みんな「真理」を誰に教えられなくても知ってるんですってよ。


でもそれを知ったり、思い出しても、本当にそれを「生きる」ことができるかどうかは、
自分次第。




あれこれ理由をつけて、「わかっちゃいるけど・・」と行動しない、それを「生きない」のは
タバコを辞めるのにいろいろかこつけて結局やめない人と似ている気がする・・・。


でも、人には人のタイミングがあります。


すべては自ずから然るもの、
JAH GUIDANCE。



すべてのことは よき意図をもった 必然。
(by ガンダーリ松本)




正しく強く生きるとは 銀河系を自らの中に意識して これに応じて行くことである

われらは世界のまことの幸福を索ねよう 

求道すでに道である
(by 宮沢賢治)



CA3A0115_20090518125736.jpg
@法隆寺、奈良

  1. 2009/05/18(月) 12:59:44|
  2. voice

石田 アロエ

けっしてふざけているわけではございませんが、
石田アロエさんは、もう一人のわたしのライター名でございます。

レゲエ・ジャマイカ以外の記事を書くときに、つかわせてもらってます。
ALOE Ishida
・・・
まぁともかく、じぶんでは気に入っております。



今は雑誌「WARP MAGAZINE」で、なぜかインテリア記事を担当しておりまして
去年の2月からほぼ毎月連載なのですが、


こちらは最新号に掲載のくねくねとしたラインが可愛い
ヴァンクーバーのデザイナーのSOBEY DRESSER
Straight Line Designs
Sobey Dressers Magazine HR

こちらは先月号に掲載。
単純に電球とソケットを組み合わせたというシャンデリア
droog design

85_lamps_02.png


そしてこちらも先月号アレキサンダー・ペリカンのデザインで
CLIC FURNITURE。
PELI Design
CLICLOUNGE,-Hi_res-M
などなど。


いつもデザイナーさんの想像力と創造力に、とても感動してしまいます。

連載始まり当初は、日本の代理店やショップを通してしか紹介してませんでしたが、
さすがにネタ切れになりまして、せっかくなのでということで、
ここはインターネットの威力発揮。
世界中のデザイナーさんに直接コンタクトを取るようになって、また世界が広がりました。


最後のペリカンさんは、オランダ人デザイナーですが、デザインの世界では今オランダが
とても熱いようです。


オランダに限らず、ヨーロッパの人たちの地球環境に対する意識の高さには
つねづね驚かされますが、こちらのCLIC FURNITUREも、エコ的観点から、
輸送費とCO2削減をかねて製図のみを販売し、購入したひとが、
その製図をもとに自分で材料を準備し、造ることができるシステムもつくりだしています。


いろんな意味で、日本はアメリカをまねるのをいい加減止めて、
どうせするならヨーロッパをお手本にしてほしいなぁと、こんなところからも
つくづく思ってしまいます。
いや、ほんとに。



  1. 2009/04/04(土) 17:52:21|
  2. voice
next page⇒

プロフィール

Tooi

Author:Tooi
遠井なつき /Aloe ISHIDA
http://www.myspace.com/toooi
CONTACT
All photo by Tooi

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
政治 (7)
photo (9)
voice (12)
music (27)
Jamaica (17)
農 (13)
ぷっぷくぷー (3)
世界 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。